富山カフェ

【森の茶屋 糧】まるで大自然の中のカフェ?心も体も癒される茶屋

 

食事はいつもパパッと済ませているけど、たまには落ち着いた空間でゆったりと楽しみたい。

そんな時ってありますよね。

こないだグルメな妹にオススメされて行ってみたカフェが、まさにそんな気分の時にぴったりなお店で、お料理もとってもおいしかったんです!

ということで今回は、「森の茶屋 糧」を私からもオススメさせてください!

森の茶屋 糧とは?

東京で経験を積まれたシェフと富山出身の奥様が、古民家を再生して2016年7月オープンしたカフェ。

海と野山の恵み豊かな地にて

心を体の糧となる健全な食と

心地よい空間を提供いたします。

森の茶屋 糧」HPより引用

というコンセプトをもとに経営なさっています。

基本情報

住所

〒930-0274

富山県中新川郡立山町五郎丸1-1

電話番号:076-461-7661

アクセス

  • 富山方面からお越しの方

「東芦原」の信号を越え、左手にある「セブン-イレブン」と「niwanoso」の間を曲がって、200mほど行くと左手にあります。

  • 立山・上市方面からお越しの方

右手にある「夢ごごち」を越え、右手にある「niwanoso」と「セブン-イレブン」の間を曲がって、200mほど行くと左手にあります。

駐車場

20台

営業時間

ランチタイム: 11:00−14:30

カフェタイム: 14:30−16:30

ディナータイム:17:00-21:30

(最終入店20:30/ラストオーダー21:00/閉店21:30)

※ランチタイムの予約は5名以上

定休日

火曜日、第1月曜日

※第1月曜日が祝日の場合は、第2月曜日が定休日となります。

公式ホームページ

https://kate.work/

外観

森の茶屋糧外観1 森の茶屋糧外観2

自然に囲まれた雰囲気にぴったりな建物で、古民家の良さが活かされています。

なんだかおばあちゃんの家に帰ってきたような懐かしい気分・・・。

駐車場も広々としていて、お子様連れにも安心です。

店内

森の茶屋糧店内1 森の茶屋糧店内2

平日の17:30頃に伺ったら一番乗りでした。

木のあたたかみが感じられる、落ち着いた空間。

木の良い香りが漂ってきて、カフェの中なのにまるで自然の中にいるような感覚です。

森の茶屋糧店内3 森の茶屋 糧」HPより引用

一階にはステージがあり、定期的に音楽イベントが行われているそうです。

森の茶屋糧店内4森の茶屋 糧」HPより引用

晴れた日には二階の席から立山連峰が見えるみたいですよ。

吹き抜けなので、一階のステージの様子を見ることもできます。

メニュー

 

ディナー

森の茶屋糧ディナーメニュー

糧 サラダプレートは、

・小さなお惣菜3種盛

・粗挽きサラダスープ

・サラダプレート

のセットメニューです。

サラダプレートは半分がサラダになっていて、もう半分をメインのおかずから選びます。

メインのおかずはなんと、8種類の中から選ぶことができます!

こんなにたくさんあると迷っちゃいますね~でもそれがうれしい。

プラス200円でご飯やパンをつけることもできます。

 

糧 サラダプレートの他に、お肉料理とお魚料理を別で注文することもできるので、メインのおかずを選びきれなくてもあきらめないで!

その他にも一品料理がありますし、プラス400円でお得なセットメニューにすることができるので、自分だけのオリジナルセットを注文することもできます。

ちょっと複雑ですが、美人な女将さんがとっても優しくメニューについて教えてくださるので、そんなに難しくないと思います。

ドリンク

森の茶屋糧ドリンクメニュー1森の茶屋糧ドリンクメニュー2 森の茶屋糧ドリンクメニュー3 森の茶屋糧ドリンクメニュー4

色々な種類のお酒がたくさんあるので、お酒好きの方も安心。

特にワインに力を入れていらっしゃるみたいで、ワインバーと見間違えるほどの種類があります。

ワイン好きの方にはぜひ頼んでみていただきたいですね。

 

ランチメニューやカフェメニュー、その他についてはこちらをご覧ください。

食べてみた

今回は糧 サラダプレートを頼みました。

メインのおかずは牛ヒレステーキ(100g)と、ハンバーグステーキ(200g)でお願いしました。

 

小さなお惣菜3種盛と粗挽きサラダスープ

森の茶屋糧スープと前菜

まずは小さなお惣菜3種盛と粗挽きサラダスープ。

お惣菜は左から、

・豚肉と鶏レバーのリエット

・じゃがいものムース

・アジのエスカベッシュ

です。

こちらも女将さんが一品ずつ丁寧に説明してくださいます。

食べやすい一口サイズなのですが、あまりのおいしさにチビチビ食べてしまいました。笑

私は特にアジのエスカベッシュがお気に入り。

サッパリしているのにコクが感じられ、でもアジの旨味を邪魔しないという絶妙な味付け。

これだけで一皿注文したいくらい・・・。

 

スープはミネストローネのような、トマトベースのスープの中に野菜がゴロゴロ。

ほっとする味でありながら、トマトの甘みと酸味が食欲を掻き立ててくれます。

 

さすが東京で経験を積まれたシェフが作られただけあり、前菜とスープの時点でクオリティの高さにびっくり。

自然とメインへの期待がどんどん膨らみます。

 

牛ヒレステーキ(100g)

森の茶屋糧牛ヒレステーキ1

こちらが牛ヒレステーキ(100g)のサラダプレート。

サラダの量がすごい!!

そしていろどりがキレイ!!

上にはザワークラウトが乗っています。

シャキシャキで味が濃くて、サラダなのにかなり満足感が得られます。

特に中に入っているゴボウが、野菜とは思えない旨味を感じておいしかったです。

根菜のサラダが別でついていたり、メインとは別にお魚のカルパッチョが乗っていたり、なんだかお得感もすごいです。

 

そして牛ヒレステーキ!

そっとナイフを入れるだけで簡単に切れてしまうほど柔らかいです。

森の茶屋糧牛ヒレステーキ2

ミディアムレアでしょうか?中も丁度良い火の通り具合。

レアっぽいのが苦手な方は、注文の際にお願いしたらウェルダンで焼いてもらえると思いますので聞いてみてください。

100gだと一見小さいように見えますが、厚みが結構あるのと、サラダに食べ応えがあるのでプレートの量自体は全然少なく感じませんでした。

 

ハンバーグステーキ(200g)

森の茶屋糧ハンバーグステーキ1

そして、ハンバーグステーキ(200g)のサラダプレート。

玄米雑穀ご飯をつけました。

ハンバーグのソースは

・デミグラスソース

・トマトソース

・きのこクリームソース

の3種類から選ぶことができます。

今回はきのこクリームソースでお願いしました。

森の茶屋糧ハンバーグステーキ2

ハンバーグはふわふわで、肉汁を包み込んでいます。

噛むと旨味があふれ出し、濃厚なクリームソースと混ざってとろけます。

200gもあるのに、一瞬でペロリでした。

 

レジの前に焼き菓子などが置かれていたので、デザートとして買って帰るのも良さそう。

まとめ

「森の茶屋 糧」は、老若男女問わず落ち着くことのできる、心地よいカフェでした。

木の良い香りを感じながらゆったりと食べる、新鮮な野菜とこだわりの料理に身も心も癒されます。

満腹になって外に出ると、緑輝く木々のざわめきと、夏の夕暮れを感じさせてくれる虫の鳴き声が耳をくすぐり、本当に森の中までやって来たのではないかと錯覚してしまうくらい素敵なところでした。

また、女将さんがすごく気さくな方で、お客さんとにこやかにお話されているのがとても印象的でした。

お料理などについて質問されているお客さんが多かったので、女将さんのあたたかい人柄も人気のひとつかも?

 

私もまた、自然とお料理と女将さんに癒されに来たいと思います。

 

【ビストロふらいぱん】これが老舗洋食屋さんの実力!本格フレンチランチ! 気取らない等身大な美味しさ。 昔ながらの洋食屋さんはどこからか懐かしさ、落ち着いた雰囲気があるためかふらっと行きたくなりま...